レビュー

【ネタバレ注意】アナベル 死霊博物館を観た感想

こんにちは、トーコ(@9tsu_tohko)です!

9月20日公開の「アナベル 死霊博物館」見てきました!

さっそく感想を書きたいと思います°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

アナベル最新作「アナベル 死霊博物館」

まずはザッと今作についておさらい!

「アナベル」は2013年にアメリカとカナダで公開、大ヒットした「死霊館シリーズ」のスピンオフ作品です。

「死霊館」第一作では、実在した超常現象研究家・ウォーレン夫妻が実際に遭遇、調査したある家で起こった超常現象をモデルにストーリーが展開され、翌年にはこの第一作へと繋がっていくスピンオフ「アナベル 死霊館の人形」が公開されました。

今回公開された「アナベル 死霊博物館」は、そんな「アナベルシリーズ」の最新作です。

今作のあらすじ

超常現象研究家としての活動を通して数々のいわくつきの品々と出会ってきたウォーレン夫妻。

彼らはそんな呪われた品々を引き取り、自宅地下の一室におさめ管理していました。

“博物館”と呼ばれるその部屋にはそれぞれ形の違う鍵が何重にもかけられ、夫妻の一人娘であるジュディにも近付かないよう日頃から教えているのですが、今作ではまさにその”博物館”が舞台となっています。

超常現象研究家ウォーレン夫妻の家に、強烈な呪いを持つ一体の人形が運び込まれた。その人形の名は、アナベル。アナベルは地下の“博物館”で、他の呪われし品々とともに厳重に封印された。夫妻が仕事で家を空ける、ある日。娘のジュディは年上の少女メアリー、ダニエラの3人で一夜を過ごすことに。しかし、ダニエラが“警告 決して触るな”と書かれた博物館に勝手に入り込み、アナベルの封印を解いてしまう。それは、少女たちの想像を絶する悪夢のはじまりとなった……。

 引用元:映画『アナベル 死霊博物館』オフィシャルサイト

公式のあらすじにもある通り、今作ではこれまでのメインキャラクターであり、シリーズを通して数々の恐ろしい現象を解決に導いてきたウォーレン夫妻ではなく、その娘・ジュディが物語の重要なカギを握っています。

年上の少女メアリー、ダニエラはウォーレン夫妻とは血縁でもなんでもない言わば赤の他人。超常現象を目の当たりにしたことも、ましてや解決したことなんてない普通の十代の女の子たちです。

ジュディ、メアリー、ダニエラの3人に襲いかかるものとは?そしてその結末は・・・?

「アナベル 死霊博物館」の見どころ

その1 冒頭~アナベルが封印されるまで

冒頭では、おなじみのウォーレン夫妻がちょろっと出てきます。

アナベル人形を引き取り自宅へと運ぶため夜道を車で走行中、夫妻は事故現場に遭遇します。

仕方なく迂回路へまわろうとしますが、夜道ということもあり道を間違えてしまいます。さらに街灯もない暗い道を進むうち、今度は自分たちが乗っている車にトラブルが起き、車を停めることに。

原因を調べるため、運転席を降りた夫・エドと車内に残り地図を再度確かめる妻・ロレイン

いつしか周囲は深い霧に包まれ、ロレインがふと気づくと車が停車したその場所には「墓地」の看板が・・・。

アナベルの邪悪な力が忍び寄っていることを感じさせ、これから何かが起こることを強く印象付けるシーンでした。

その後夫妻は無事自宅に到着し、待っていた神父とともに地下の”博物館”へ人形を持ち込みますが、アナベルのもつ強大な力を感じ取ったロレインの提案で鍵付きのガラスケースに入れることでようやく「悪を封じる」ことに成功します。

終始アナベルの表情は変わりませんが、あの微笑みが改めて不気味に感じてしまいました。

その2 母・ロレインの力を受け継いだジュディ

ウォーレン夫妻の一人娘であるジュディは、透視能力を持つ母に似て「見えてはいけないもの」が見えてしまいます。それは普段通う学校でも。

ジュディが通う学校には創立者である (おそらく) 神父の胸像があり、すでにこの世には居ないはずの神父がジュディには見えていたのです。

襲ってくるわけでもなく、気づけばそこに佇んでいる神父の表情は見えません。

また、「超常現象研究家」という両親の肩書はマスコミから「詐欺師」などのバッシングも受けており、それが新聞の記事になってしまったことでイジメのターゲットにされてしまいます。

ベビーシッターとしてウォーレン夫妻からの信頼もあつい年上の少女・メアリーは、そんなジュディに対し悩み事はないか尋ねますが、両親に心配をかけたくない一心で気丈にふるまうジュディ。

ジュディが何か隠していることに気づきながらもメアリーは深く追及はせず、のちにアナベルの封印が解かれたことで、霊を目撃・襲われそうになったジュディに「霊といえど元は人間。中には良い霊もいる」と言って元気づけようとするのでした。

これまでのシリーズを見てきた私としては「何お気楽なこと言ってんのー!!」って思っちゃいましたが。物語後半で、この言葉がジュディに勇気を与えます。

その3 封印を解かれ、実体化するいわくつきの品々

タイトル通り、今作では”博物館”におさめられているいわくつきの品々も見どころのひとつです。

どんな品で、どのような過去があってウォーレン夫妻が引き取ったのか、娘・ジュディの口から語られます。

中には日本の鎧兜もあり、着用した人物によって命を奪われた人々の悲痛な断末魔が劇場に響き渡ります。

他にも、呪いのウェディングドレス、死者と交信できる腕輪など興味深い品が目白押しなので、それぞれの由来を調べてみれば、また別の楽しみ方ができます。

また、死霊館シリーズで登場したヴァラクのような角の生えた悪魔や狼男など実体化した邪悪なものたちも見どころのひとつです。

その4 力を合わせてアナベルを封印する少女たちにも注目

物語中盤、解放されたアナベルの力によって目覚めたいわくつきの品々のせいで少女たちは3人バラバラになってしまいます。

メアリーの友人、ダニエラは自分が運転中に起こした事故で同乗していた父を亡くした過去があり、父に一言謝りたいという思いから”博物館”の鍵を探し出し、中に封印されていた「死者と交信できる腕輪」を使ってしまいます。

しかし、そこに現れたダニエラの父親は一瞬の穏やかな表情のあと「お前のせいだ!!!」と激しくダニエラを責め、その顔は事故の衝撃か醜くただれたものへと変貌します。

驚いたダニエラは博物館から逃げだそうとしますが、解錠したはずの鍵がいつの間にか全て施錠され内側に閉じ込められてしまいます。”博物館”は地下にあるため、1階で食事の後片付けをしてたメアリーにはダニエラの声は届きません。

また、メアリー自身も、背後でひとりでに動きだしたコップに気づきません。

コップは床へと落下し、不審に思いながらも片づけようとすると今度は勝手に蓄音機から音楽が流れだします。こちらも不審に思いながら止めるのですが、その後も次々に原因不明の現象が起こり、ついには家中の明かりが消えてしまいます。

懐中電灯を手に家の中を進むメアリーですが、この時就寝中のジュディも不思議な現象に襲われていました。

目に見えない何者かに足をつかまれ、少しずつベットの外へと引っ張り出されそうに・・・。

バラバラの状態でそれぞれ恐ろしい体験をする3人ですが、最終的には合流し、ジュディの「アナベルを探し出して、ガラスケースに戻す」という提案のもと団結します。

ベットから引きずり出そうとする描写が怖すぎる

私が個人的に怖かったのは、就寝中のジュディが少しずつ足を引っ張られるシーンです。

シリーズを通して同じ描写が何度か出てきますが、何回見ても怖いですね!

最初は寝ている人物が起きない程度の弱い力でベットの下へ下へと引っ張り、そのあと一気に強くベットの外に引きずり出そうとされます。

その衝撃で飛び起きても、足元には誰もいない・・・

何が怖いって、私も普段ベットで寝てるせいでこの描写を見たあとは足元が気になるんですよね。日常生活でふと思い出しちゃうのが死ぬほど怖いです( ;∀;)

まとめ

いかがでしたか?

ストーリー展開とは違いますが、シーンと静まり返ったなか、いきなり暗闇の中から身の毛もよだつようなものが襲い掛かってくる・・・という演出はもちろんですが、微妙にタイミングをずらしてくるから余計にびっくりしてしまって、上映中は何度も手で顔を覆いたくなってしまいました。笑

「アナベル 死霊博物館」は絶賛放映中です!皆さんもぜひ劇場で観てみてくださいね。