お肌と体

【女性必見】湯船につかるメリットはこんなにある!オススメの入浴法も一緒にチェック!

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

忙しい毎日の中で、ゆったりリラックスできる時間であるお風呂タイム

みなさんは、きちんと湯船につかっていますか?

毎日朝はやいので、5分くらいつかったら出ちゃいます。
忙しくて時間がもったいない!断然シャワー派です!

・・・なんて方も、なかにはいるかもしれません。

実はそれ、美容・健康が気になる特に女性の方は、損をしているかもしれません。。

今日は「女性にこそ知ってほしい!湯船につかることのメリットをご紹介します!

シャワーVS湯船・・・得られるメリットを比較

まずシャワーで済ませる場合と、湯船でつかる場合でそれぞれ得られるメリットを比較してみましょう。

シャワーで済ませる場合のメリット

最初に、シャワーで得られるメリットを紹介します。

  • 短時間で済む
  • 掃除の手間が減る
  • 水道代やガス代の節約になる

シャワーだけの場合、以上のような労力や経済的な点がメリットになります。

一昔前までは「強い水圧でシャワーをあびるとお肌のマッサージになる」なんて情報もありましたが、実はお肌の負担になっている可能性が高く、あまり美容面での効果が高いとは言えません。

それどころか、むしろマイナスに作用する場合も考えられます。

「お風呂はシャワーだけ」はデメリットだらけ!治らない乾燥肌の原因になっているかも?こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。 お風呂をシャワーだけで済ませるいわゆる「シャワー派」の人、あなたの周りにはどの...

湯船につかった場合のメリット

次に、湯船につかることで得られるメリットを紹介します。

  • 寝つきがよくなる
  • 疲れがとれやすくなる
  • 冷え性の改善
  • 体臭予防
  • コリ、むくみの改善
  • デトックス効果(肌が綺麗になる・体の汚れが落ちやすくなる)

湯船につかる場合には、このように直接美容・健康にかかわるメリットが多くなります。

特に女性に多い冷え性の改善や、デトックス効果が期待できるのはすごく魅力的ですよね。

シャワーと湯船、それぞれの効果を比較すると美容・健康を重視するなら断然湯船につかるほうが多いことがわかります。



美容・健康に効果的な入浴方法は?

上記で紹介したような効果を得るには、以下のような入浴をすると◎

お湯の温度は38~40度

お湯の温度は38~40度程度のぬるま湯がベストです。

体温より少し高めの温度にすることで、副交感神経に働きかけ効果的に身も心もリラックスすることができます。

熱いお湯の方が好みの方もいるでしょうが心臓に負担をかけるリスクがあるため、あまりオススメしません。

入浴時間は最大でも15分まで

また、湯船につかる時間は10分程度が最も理想的です。

あまり長くつかっているとお肌の保湿成分が流れ乾燥の原因になってしまうため、長くても15分程度であがるようにしましょう。

入浴のタイミングは就寝1時間前

人体は一度上がった体温が下がってくるタイミングで眠気を感じるようにできています。

就寝時間から逆算して1時間ほど前に入浴しておくと、湯上りの保湿ケアや髪の毛のブローが終わったタイミングで自然と眠くなってくるのでオススメです。



毎日入浴することが難しい場合

とはいえ、忙しい生活を送るひとや光熱費を抑えたいひとにとっては毎日湯船につかってゆっくり入浴することは難しいかもしれません。

その場合、まずは週に1回だけでも入浴できるように心がけておくといいかもしれません。毎日はできなくても、定期的に心も体もゆっくり休める日を作ることは忙しい日々を乗り越える上でも大いに役立つと思います。

まとめ

入浴にかかる時間や手間をカットしたい場合にはシャワーだけで済ませるのもアリですが、美容・健康に関するメリットはほぼゼロであることは覚えておきましょう。

また、以下のような入浴を行うことで効果的に湯船につかるメリットを得ることができます。

  1. 就寝の1時間前に入浴する
  2. お湯の温度38~40度
  3. 入浴時間は10分~長くても15分

シャワー派のみなさんも、ぜひ入浴を習慣をはじめてみましょう!