トーコの日常

初期の松かさ病?ベタの頭に白いモヤ&僅かなウロコの隆起を発見

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

f:id:i_fob:20181003131340j:plain

約1週間の薬浴を経て尾ぐされ・充血が落ち着き、ほっと一安心していたところだったのですが昨晩、尾ぐされを発症していたのと同じベタにまた別の異変を発見しました。

それが↑の写真です。

何やら頭の部分に白いモヤ?のような物体があります。(画質が悪くてごめんなさい。) 

▼別角度の写真

 

f:id:i_fob:20181003131408j:plain

写真では分かりづらいのですが、横からよ~~~く見ると若干ウロコが盛り上がっている(逆立ってる?)ように見えました。

ウロコが逆立つと言えば・・・

 

思い浮かぶのは松かさ病

松かさ病とは

主にエロモナス・ハイドロフィアという細菌によって引き起こされる魚病の一種。

この細菌は熱帯魚の体内にもともと存在している、いわゆる常在菌で

  • 水槽内の水質の悪化
  • ストレス過多

などの理由が重なると松かさ病を発症してしまいます。

松かさ病の症状

松かさ病の主な症状としては

  • ウロコが逆立つ
  • 体がふっくらしてくる

などが挙げられ、特にウロコが逆立ってくると見た目にも分かりやすく、そこで松かさ病に気づくケースが多いようです。

さらに病状が進行すると上記2つの症状がより顕著になり、体が丸く膨れ、ウロコが完全に逆立ってしまうことで文字通り松ぼっくりのような姿になってしまいます。

病気の進行とともにエラやヒレにも別の病気を発症しやすくなり、特にエラに異常が出ると呼吸が上手くできなくなるためかなり致命的な状態になります。

 

トーコ
トーコ
今回確認できたウロコの逆立ち?具合は本当にわずかなもので、写真でも上手く撮ることができませんでした

が、ベタの病気も人間と同じで早期発見・早期治療が大事なので今日からさっそく薬浴を開始することにしました。

つい先日、尾ぐされが快方へ向かってきたことで脱・薬浴したばかりでしたが・・・こればかりは仕方ありません。

 

治療について

SNSでエロモナス菌は28度以上で死滅するとの助言をいただいたので、まずは可変式ヒーターで水温をあげつつ、薬浴→経過観察したいと思います。

立て続けに薬浴をすることになるので負担が大きくならないか心配なところ。

餌の量も絶食にするか少量与えるか迷いますが、、、様子を観つつ適宜すすめていきたいと思います。

追記・治療などの後日談
松かさじゃなくて水カビ病だった?治療経過と消失までこんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。 先日更新したベタの異変ですが、よくよく調べてみて松かさよりも水カビ病の可能性が...

 

初期の松かさ病?頭に白いモヤ【まとめ】

この記事ではベタの頭部に発見した白いモヤとごく僅かなウロコの隆起について書きました。

ウロコの異変ということで松かさ病を疑いましたが、白いモヤの件もあるのでもしかすると別の魚病の可能性もあります。

おそらくまだ初期の状態(と思いたい、、)なので、上手く対処していきたいのですが、、

まずは加温と薬浴で様子を見ていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます✨

トーコ
トーコ
トーコ(@lily_tohko)でした♪