健康

気になる目の下のピクピクには思わぬ病気が潜んでいるかも?痙攣の原因と治し方

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

無意識に目の下がピクピクするあの現象、誰でも1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

特に仕事中、勉強中になったりしたら

気になって集中できない!

なんてこともありますよね。

実はそのピクピクには、思わぬ病気が潜んでいるかもしれません。

今日は気になる目の下のピクピクについて、どうして痙攣が起きるのか原因と対処法を紹介したいと思います。

目の下がピクピクする原因

そもそも、目の下が勝手にピクピクするのは

  1. 疲労
  2. 寝不足
  3. 疲れ目
  4. ストレス

主にこれらの原因があると言われています。

トーコ
トーコ
目の粘膜や神経伝達に関する栄養素が不足している場合にも起こると言われていますが、科学的根拠はないそうです

また、症状が起こる場所やその内容によっては病院での治療が必要なケースもあります。

一時的にピクピク痙攣が起こる「眼瞼ミオキミア」

症状が一時的で、かつピクピクと痙攣する範囲が片目のみの場合「眼瞼(がんけん)ミオキミア」の可能性が高いです。

ストレスや疲労が原因なので普段の生活を見直すことで改善することがほとんど。

緊急性は低く、特に病院で診てもらう必要もありません。

片方の目にのみ、このピクピク現象が起こることが特徴です

ちなみに目の周辺に限らず、同じような原因で腕や足など四肢に症状があらわれる場合もあります。

 

まぶたのコントロールが失われる「眼瞼痙攣」

一方、「眼瞼(がんけん)痙攣」は病院での診察と経過観察が必要になります。

「痙攣」と言っても眼瞼ミオキミアとは違い、

  1. 思うように目が開けられない
  2. 瞬きの回数が増える(頻繁になる)

などの症状があらわれます。

脳の神経回路に不具合が起こることで目の周りの筋肉が必要以上に収縮してしまうのが原因と言われていますが、まだハッキリとしたことは分かっていません。

他の自覚症状として目の乾きまぶしさを感じる方も多く、ドライアイと間違えて病院へ行くケースもあるものの、全く別の病気なので快癒することはありません。

眼瞼ミオキミアと違い、両目に症状を感じたり、上記のような症状を感じたら1度病院で診てもらいましょう。

トーコ
トーコ
軽度の場合は投薬治療などで症状の緩和が見込めるようです

 

目の下のピクピクを自力で治す方法

ここからは比較的緊急性が低い、眼瞼ミオキミアの手軽な治し方・対処法を紹介します。

蒸しタオルで目の周りを温める

蒸しタオルで目の周りの筋肉をあたため、血流を良くすることで目の下のピクピクを解消する方法です。

温かい蒸しタオルは電子レンジで簡単に作れるので、仕事や勉強の気分転換にもオススメですよ。

簡単な蒸しタオルの作り方は以下の通り。

  1. タオルを水でよく濡らす
  2. しっかり水分をしぼる(水滴が出なくなるまで)
  3. 耐熱皿に乗せ、電子レンジへ
  4. 500Wで1分ほど加熱する

加熱直後のタオルは熱いので火傷に注意してくださいね。

また、加熱が足りない場合は10秒ずつ時間を追加してちょうどいい時間を探ってみましょう。

出来たばかりの蒸しタオルは火傷の危険があるほか、熱いまま使うとお肌にダメージを与えてしまうので、少し時間を置き少し冷ましてから使ってくださいね。

トーコ
トーコ
畳んだタオルを一度広げ、また畳み直すと丁度いいですよ♪

まぶたの上からマッサージをする

軽いマッサージも症状の改善に効果があります。

目を閉じた状態で、まぶたの上から軽くマッサージをしてみましょう。

基本的には目を休めることが大切なので、力は入れずにクルクルと円を描いてみたりトントンと優しく押さえてみてくださいね。

まさか眼瞼痙攣?自宅で出来るセルフケア

「目が開けにくい」「まぶたが勝手に閉じてしまう」といった症状のほか、

「1分間に20回以上瞬きをしてしまう」「スマホやPC画面、日差しがまぶしく感じる」など、これらの状態が両目にあらわれる場合は眼瞼痙攣の可能性が高いです。

病院で診てもらい治療をしていくことが理想的ですが、専用アイクリームを利用するのも有効です。



自宅で簡単ケア!目を開けていられなくなるまぶたのピクピク用クリーム

眼瞼の緊張を和らげる成分を中心に、あのピクピクを解消する成分が配合されている日本で唯一の専用クリームです。

 

気になる目の下のピクピクが起きる原因と治し方【まとめ】

いかがでしたか?

今日は誰にも1度は経験したことがあるであろう、目の下のピクピクについて紹介しました。

片側にのみ症状があらわれる眼瞼ミオキミアであれば、蒸しタオルやマッサージのほか、生活習慣を見直すことで改善が期待できます。

一方、まぶたのコントロールが効かない、まぶしさを感じるなどの症状が両目にあらわれる場合は眼瞼痙攣の可能性が高く、こちらは病気の一種なので病院を受診をオススメします。

自宅で簡単にケアできる専用クリームもあるので、チェックしてみてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

トーコ
トーコ
トーコ(@lily_tohko)でした♪