キャバクラ

キャバクラって何するところ?ドラマみたいな駆け引きはある?基本的なシステムも一緒にご紹介!

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

今は事務職として働いている私ですが数年前まではキャバクラで働く、いわゆるキャバ嬢をしていました。

そこで今日は、キャバクラのお仕事について基本的な内容をちょこっと紹介してみたいと思います。

  • キャバクラって何するところ?システムは?
  • 雰囲気はどんな感じ?
  • ドラマみたいな修羅場や駆け引きはある?

などなど、簡単に紹介しているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね♪

キャバクラって何するところ?

ドラマや漫画などにもよく登場するキャバクラのシーン。

お客様がキャバ嬢と呼ばれる女性スタッフに接客を受ける場面は、みなさん一度は見たことがあるのではないでしょうか。

実際、キャストの主なお仕事はお客様の隣に座って接客をすることになります。

キャバクラではキャバ嬢として勤務している女性たちを「キャスト」と呼びます。

どんなシステムになっている?

キャバクラではお客様1人当たりの1時間の料金があらかじめ設定されているので、必ず払わなければならないのはこのセット料金のみ(キャストのドリンク、指名などをしなかった場合)。

だいたい1人5000~6000円程度が相場ですが、お店によって多少上下します。

1時間後になると、さらに時間を延長するかお会計にするか聞かれるので、延長の場合は追加で1時間+その分の料金が発生します。

また、卓につくキャストは特に指名がなければローテーションで20~30分ごとに変わります。

もっと話したい場合は指名をすれば、そのキャストを卓にとどめることができます(別途指名料金が発生します)。

指名するつもりがなくても、キャストから「ここに居てもいいですか?」と聞かれOKすると指名になります。その意志がなければ断っても大丈夫です。

キャストのドリンク

お客様が飲むお酒はあらかじめ卓に用意されている(ハウスボトル)ので、これを飲む分には料金がかかりません。

しかし、隣に座って接客をしてくれるキャストの分のお酒はありませんので、こちらはお客様が追加で注文する形になります。

こちらは必ず頼まなければいけないわけではないですが、もし断る場合はあまり冷たく突き放さないようにしてあげてくださいね。キャストも人間なので、あまり冷たい言い方をされると内心傷つくのです( ;∀;)

ハウスボトルはお客様用に用意されているお酒なので、キャストが飲むのはNG。無理強いすることはできません。

入店後の流れ

基本的にお客様は入店後、卓(テーブル)に通されるので、あとはキャストと自由に会話を楽しめばOK。

お客様が飲むハウスボトルは全てキャストが用意してくれるので、好みの飲み方(ロック、水割り、薄めにしてほしい・・・など)があればリクエストしてくださいね。

運転などでお酒が飲めない場合は、ソフトドリンクにしてもらうこともできます。

ハウスボトル以外に飲みたいお酒があればそちらを頼むこともできます。

お店の雰囲気はどんな感じ?

一口にキャバクラと言っても、店内の雰囲気はお店によってかなり差が出ます。

ドラマで見かける上品なお着物のママさんが居るようなお店であれば、全体的に落ち着いた雰囲気でお酒やキャストとの会話を楽しめますし、カウンター席やカラオケの用意があるお店であれば賑やかな雰囲気でワイワイはしゃげるようなお店もあります。

一般的に、前者のほうが値段設定は高め、後者がリーズナブルなことが多い印象です。

ドラマみたいな修羅場や駆け引きはある?

全体的にポジティブなイメージが湧きにくいキャバクラ。

キャスト同士の修羅場や、お客様との駆け引きをモチーフにした作品を見かける機会も多いと思います。

では、実際のキャバクラではどうなのか?

 

結論から言うと・・・ふつうにあります。

しかし、あまり堂々と行われることはほとんどありません。

より正確に言えば「修羅場や駆け引きはあるけど、当人同士の間でひっそり行われることが多いので、たとえば営業中にみんなの前で修羅場に発展する・・・ということはあまりない」です。(お店によってそうではないこともありますが)

お客様とのやりとりは、お客様とキャストとの間で行われることなので、人前に明かされることはまずありませんし、キャスト同士で修羅場に発展したとしても、やはり営業中はプロなので顔や雰囲気には出さないことが多いです。

キャストと仲良くなれば、そういった相談を受けることもあるかもしれません。

女性でもお客様として入店できる?

通常、キャバクラのお客様は男性を想定しています。働いているキャストも基本的にはそれを意識していますし、女性のみのグループでキャバクラに入ることは難しいです。

しかし、まれに男性のお客様のお連れとして女性が来店されることもあります。

「一緒のグループの中に男性が居ればOK!」というお店も多いので、例えば男性1女性2のような構成なら入店できるというところもよくあります。

ちなみに・・・

女性が居るグループに着いて接客をするのは、キャストとしてはかなり気をつかいます。笑

男性にばかり愛想よくしていては、お連れの女性が気分を害してしまうかもしれないし、そうなると卓の雰囲気が悪くなってしまいます。かといって、女性にばかり話しかけるのも変な空気になりかねない・・・

それらを避けるためにも、女性のお客様が居る卓では基本的にみんなでワイワイ接客をすることが多いです。

同じ卓の女の子やお客様たちの雰囲気など、まわりを見ながら話題や返事を選ぶ必要があるので、キャストとしてはすっっごく緊張するのです・・・笑

まとめ

いかがでしたか?今日はキャバクラの

  • 基本的なシステム
  • お店の雰囲気
  • 修羅場や駆け引きの有無

などを簡単に紹介してみました。

人によっては全く縁がないことも多いキャバクラ。

次回はまた別の観点で紹介するので、ぜひ読んでみてくださいね♪