仕事

【お客様とキャバ嬢の恋愛】意中のキャストと付き合うために知っておきたいコト

こんにちは、トーコ(@lily_thoko)です。

キャバクラで働くキャストが「営業」としてお客様に思わせぶりな態度をとることは多々ありますが、それはキャバ嬢という仕事の性格上、今後も変わることはないと思います。

しかし、中には「営業」としてではなく、実際にプライベートで交際に発展し、お客様とキャバ嬢という関係から彼氏と彼女、そして夫と妻という関係になっていく人達も居ます。

今日はキャバ嬢とお客様との恋愛をテーマに、好意を持ったキャストと交際するために知っておきたい点を書いてみたいと思います。

お客様とキャバ嬢との恋愛

キャバ嬢といえど、ドレスを脱ぎ、キャバクラを一歩出れば普通の女性です。

お客様とキャバ嬢という関係であっても、一人の男性に惹かれてしまうこともあるのです。なので冒頭で触れたように、プライベートで交際へ発展し、その後結婚するカップルもいます。

私が働いていたお店にも、お客様と交際、結婚を機にキャバクラを辞めるキャストが何人かいました。

お客様とキャストの恋愛は決してありえないことではないのです。

好意さえあれば誰でも付き合える?

先に断っておきますが、好きだという気持ちさえあれば、誰でも意中のキャストと付き合えるわけではありません。

“お客様とキャバ嬢”という関係である以上、告白されれば拒めないのでは?

という考えを持つひとをたまに見かけますが、それは違います。告白すればフラれる可能性もあるのが普通ですし、それはキャバ嬢も例外でありません。

むしろ、そのような考えに彼女たちはとても敏感です。

水商売ということもあり、来店されるお客様のなかには「キャバ嬢にはセクハラしてもいい」「ひどい事を言っても許される」そんな風に見下してくる人も一定数居ます。

日常的にそのような環境に身を置いているので、必然的に相手が自分をどんな風に見ているか、どう位置付けているか察知することに長けていくのです。

明らかに「客商売だから断れないだろう」と自分を見下してくるお客様に、プライベートで付き合うほどキャバ嬢は暇ではありません。

基本的なことですが、あくまで対等な立場で接することを忘れないようにしてくださいね。

一人の女性として優しく誠実に接してくれる人はやはり好印象を持たれやすいです。

キャストと仲良くなるためにはどうしたらいい?

では次に、意中のキャストとの距離を縮めるためにはどうしたらいいのか。

具体的に紹介していきたいと思います。

最低限のドリンクは出し渋らない

ドリンクを快く出すかどうかだけで、ずいぶん印象が変わります。「ダメ!」「やだ」など冷たくあしらうような言い方はキャバ嬢といえど、やっぱり傷つきます。

ジョークのつもりだとしても、よほど仲良くなってからでないと笑えないし、かなり印象が悪いです。

最低限、席にいる間の1~2杯はお願いされたら出してあげると◎予算が厳しそうなら、初めに言っておけば問題ありません。

下心は隠すべし

好意を持っていても、なるべく下心は隠したほうが無難です。

ジロジロ胸元や足を見たり、あるいは触ろうとしたりするのはご法度。

“セクハラ目的”の烙印を押されて終了です。

表面上笑ってスルーしてくれるキャストが多いでしょうが、心証はサイアク。まず間違いなく、その後一人の男性として好意を持ってもらえることはなくなります。

万が一あなたがキャバ嬢=下ネタ好き、セクハラOKという認識を持っているなら、今すぐ改めるべきです。

その他(指名、他のキャバ嬢への接し方)

指名は出来るならしたほうがいいですが、できない場合は、こちらも軽くフォローを入れてあげると「細かいところまで気配りしてくれる人」と認識してもらいやすく、好印象です。

また、意中のキャストでないからといって、他のキャストを雑に扱うのも×。

 

キャストと仲良くなるために避けたほうがいいこと

逆に、キャストと仲良くなる場合避けたほうがいいこともあります。

しつこく店外に誘う

お店で会う場合に必要なセット料金をカットするために、お店の外での食事や買い物へ誘う行為も基本的にはあまりウケがよくありません。

キャバクラ1本で生計を立てているキャストであれば、昼夜逆転の生活リズムが出来上がっていることが多く、昼間の食事や買い物へ誘われると眠くなってしまうことがあるからです。

また、店休日の夜であっても、レギュラー(週5以上出勤があるキャスト)で働いていれば疲れをとるために一人でゆっくり過ごしたい・・・という子も珍しくありません。

そんなこと言って、別の相手と遊んでるんじゃないのか?

と思う人も居るでしょうが、それはもちろん人それぞれですし、派手な外見と違い意外とインドアな趣味を好むキャバ嬢も数多くいるのです。

なので、

  • 自分の売り上げに大きく貢献してくれるお客様
  • 別のキャストやお店の繋がりで良好な関係を保っておきたいお客様
  • その他、仲良くすることで自分にメリットをもたらしてくれるお客様

だいたいこの3つに当てはまらなければ、営業時間外にすすんで会いたいとは思わないのが普通です。

にも関わらず、しつこく店外に誘われると困ってしまいますし、むしろ苦手だと思われてしまう可能性すらあります。

2,3度誘って断られるようであれば、その後は控えたほうが無難です。

ベタベタボディタッチをする

キャバクラはあくまでお酒を飲み、キャストとのお話を楽しむ場ですから、ベタベタボディタッチをするのは当然NGです。

好意を持っているキャストはもちろん、他のキャストが相手だとしても、決して良い印象にはつながりません。

度が過ぎるとお店を出禁になることもあります。

酔ってついつい・・・というお客様もたまに見かけますが、可能な限り自制するようにしましょう。

その他、避けたほうがいいこと

以上2点は特にキャストからの好感度がガクッと落ちやすいので注意が必要ですが、

その他にも

  • 執拗に連絡をとる(一方的に何度も電話をかけるなど)
  • 同じお店の別のキャストを指名する
  • 意中のキャストを指名はするが、ドリンク類は出さない(水分なしで話し続けるのはツライので、苦手なお客様と思われる可能性大)
  • 好意を持っていることを男性の店長やボーイ、他のキャストに話す

などは避けるようにしましょう。

お店に頻繁に通いすぎちゃダメって本当?

よく耳にする情報ですが、これは本当です。

頻繁に来店して、しょっちゅう顔を合わせていると気心の知れた仲になれるかもしれませんが、同時に完全に「お客様」というカテゴリに入ってしまいます。

一度ビジネスの相手として認識されると、なかなかプライベートで親交を深めるのが難しくなってしまうので、頻度には気を付けたいところです。

ですが逆に、お店に全くいかないのも×

初対面の時に連絡先を交換したきり、その後一切お店には顔を出さずに好意を伝えられても正直困ってしまいます。

個人的に、多すぎず少なすぎないベストの頻度は月1~2回程度

前回席に着いたときの話題もまだ記憶に残っていますし、そこから話を広げやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

今日はキャバ嬢とお客様との恋愛について、好意を持ったキャストと付き合うために知っておきたいことを紹介してきました。

基本的には

  • キャバ嬢も一人の女性であること
  • あくまで対等な立場として振る舞うこと
  • キャストが不利益を被る行為を避けること

などを中心に考えてあげると◎

「キャバ嬢」ではなく、一人の女性にアプローチするときにどうするかを考えてみてくださいね。