ネイル・マツエク

初心者でも大丈夫!ネイルチップの作り方、基本の5ステップ♪

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

今日はネイルチップの自作方法を紹介します。ネイルチップを作るときの基本的な5つのステップをそれぞれ順番に説明していくので、大まかなイメージだけでも掴めたら嬉しいです。

ネイルチップ制作に必要な道具はコレ!100均で調達も◎

まずはじめに、ネイルチップ制作に必要なものを使い方と一緒に紹介します。 作業に取り掛かる前に一通り揃えておくようにしましょう。

  1. ネイルチップ(アート前のまっさらなもの)
  2. 爪やすり、ネイルファイル(どちらかだけでもOK)
  3. チップを固定する土台(ネイルチップスタンド)
  4. チップを固定する両面テープ
  5. 好きな色のマニキュアまたはジェル(ジェルの場合は硬化に使うライトや筆も)

基本的にはどれも100均に販売されています。スタンドは専用のものでなくてもOK。100均にある衣類用フックで代用が可能なので、初期費用を抑えたい方はそちらもチェックしてみてくださいね。

他にも、

  • つまようじ
  • ピンセット
  • アートに使うパーツ類(必要であれば)

などもあるとアートを施すときに便利です。

ネイルチップの作り方!必要なのはこの5ステップ

次にネイルチップ制作の大まかな流れを紹介します。

  1. チップを整える
  2. ダストを除去
  3. スタンドにチップを固定
  4. 好みのアートをする
  5. 仕上げ

基本的にこの5ステップでネイルチップを制作していきます。それぞれ説明していきますね。

チップを整える

まずは購入しておいたチップの形を整えます。爪やすりやネイルファイルを使って、好みの長さ・形になるようにチップを削る工程です。

金属製の爪やすりか紙製のファイルどちらかだけで作業してもOKですが、ガッツリ削るとき→爪やすり、微調整→ファイルと使い分けると整えやすいのでオススメです。

特に紙製のファイルは消耗が激しいので、金属製の爪やすりと合わせて使うことで消耗も遅くなるので、試してみてくださいね。

ダストを除去

ダストとは本来ジェルネイルをオフするときに出る粉のこと。チップを整形するときも削っていく段階で沢山粉が出てしまうので、これをしっかり拭き取ります。

ウエットティッシュで粉を吸着&拭きつつ、乾いたティッシュでもう1度拭き、水分も完全にふき取っていきます。

この時、チップの表面だけではなく裏面までしっかりふき取ります。アート中にダストや削りの荒い部分が邪魔になるのを防ぐためです。

スタンドにチップを固定

ダストの除去が済んだら、両面テープを使ってチップをスタンドに固定します。

マニキュアやジェルがテーブルについてしまったり、移動させるときに乾燥していないチップに触れてしまったりしやすいので、テーブルに直に置くのはオススメしません。安定しないので、アートもしにくくなってしまいます。

好みのアートをする

チップをスタンドに固定できたら、デザインを決めていよいよアートを施していきます。

マニキュアを使う場合は乾かないうちに触ると崩れてしまうので要注意。フレンチネイルや一色だけ使った単色ネイルなら初心者さんでも挑戦しやすいですね。

ネイル用のパーツを使うときは、つまようじやピンセットを使えば細かな微調整がしやすくなります。素手でやるよりも台紙から綺麗に外せるので、気になる方は使ってみてくださいね。

仕上げ

好みのアートができたら、仕上げをしていきます。

トップコートを塗布し、完全に乾燥させます。ツヤが出るのはもちろんですが、パーツが取れにくくなる&長持ちするというメリットもあるので、トップコートは忘れず塗るようにしましょう。

完全に乾燥したら、もう1度チップの削りが荒いところがないか最終確認をして、問題なければ完成です。気になるところがあれば軽くファイルで削ってもOK。

すぐに使用しないのであれば、左右混同しないように保管しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?道具もすべて100均で揃えられるので、気軽に始めることができますよね。

ネイル用のシールやパーツ類も充実してきているので、予算1000円ほどで何パターンもチップを制作することも可能です。

この機会にぜひトライしてみてくださいね。