ダイエット・トレーニング

【第1弾】もち麦の便秘解消・ダイエット効果は?味や食べ続けた感想を紹介!

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

突然ですが、みなさんは「もち麦」をご存知ですか?

様々な健康・美容効果が期待できる食材として、最近話題のあのもち麦」です(`・ω・´)

私はこの夏から主にダイエット・便秘解消を目的に、この「もち麦」を食事に取り入れているのですが、食べ始めて2か月経った現在、どの程度の効果があらわれているのか途中経過を報告しようと思います。

  • もち麦ってなに?
  • 味や香りは気にならない?
  • 便秘解消やダイエットに、本当に効果があるの?

などなど、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪

まずはじめに、もち麦とは?

お米にうるち米ともち米があるように「もち麦」はもち性の大麦です。
もち麦は穀類の中でも食物繊維の含有率が高く、食品として見直されつつあり、特に水溶性の食物繊維が米や小麦に比べて多く含まれています。もちもちプチプチした食感と香り高い味わいが特徴です。

引用元:もち麦ってなあに?|もち麦ごはん

 

上の説明にもあるように、もち麦とは大麦の一種です。

食物繊維を多く含んでいること、カロリーが低いことなどから、近年、便秘解消・ダイエットに効果があるとして頻繁にメディアにも取り上げられています。

 

私が「もち麦」を知ったのも、とあるTV番組がきっかけでした。

便秘解消・ダイエットといえば、特に女性にとって魅力的なキーワードですよね。

私自身、特に便秘解消は長年の悩みであり、これまで色々な対策を講じてきましたが、どれも効果はいまひとつで、最終手段である便秘薬に頼らざる負えないのでは・・・?と、

ちょうど悩んでいた時期でもありました。

そのためTVでもち麦を知り、「これだ!」と即座に購入を決めたのです。



私がこれまで試してきた便秘対策

私と便秘との付き合いは長く、小学生のころにはすでに便秘で悩んでいた記憶があります。

いろいろな対策を試してきましたが、効果は一時的なものが多く、どれもあまり長続きしませんでした。

ここで、私がこれまでに試してきた便秘対策をいくつか紹介したいと思います。

  1. 水分を多く摂る
  2. 整腸剤を摂る
  3. 便秘解消に効果がある食品を摂る
  4. 運動する

 水分を多く摂る

水分を多く摂ることは、最も手軽な便秘対策のひとつですよね。

成人女性の場合、1日の水分摂取量の目安は1.5~2L程度と言われているので、まずは最低でも1.5L飲むように意識しました。

しかしこれがなかなか難しい・・・。

もともと私は、仕事や趣味に没頭している間はつい水分補給をおろそかにしがちだったため、こまめに水分を摂る=集中力低下につながってしまい、なかなか身に付きませんでした。(;´・ω・)

それでも1~2年ほど根気よく続け、なんとか習慣にはなりましたが、水分の量と比例してトイレの回数が増えただけで、正直あまり便秘解消にはつながりませんでした。

整腸剤・サプリメントを摂る

これも手軽な対策のひとつですね。

整腸剤はドラッグストアなどで手に入る市販のものを試しました。

よくCMで見かけるメジャーなものを選び、毎日服用することで1か月~2か月ほど様子を見ました。

しかしこれも、特筆すべき効果は見られず・・・。

もっと長いスパンで飲み続ければ、あるいは違う結果になったのかもしれませんが、今後効果がでるかどうかも分からないものを、それ以上買い続ける気にはなれませんでした。

サプリメントも整腸剤と同じく、ドラッグストアでメジャーかつ安価なものを選びました。

が、こちらは逆に効果が強すぎてしまい、飲むと確実にお腹をくだすことに。

激しい腹痛を伴う強制的なお通じだったため、出先などでお腹が痛くならないように飲むタイミングには本当に気をつかいました。。。(夕食後~就寝前など)

かなり辛かったので、1か月ほど我慢して1袋飲み切ったところで買うのをやめてしまいました。

便秘解消に効果があると言われる食品を摂る

便秘解消に効果があると言われている食品は多くあります。

実際に私が試した食品も複数あり、覚えている限りで実際の効果と続けられなかった理由を簡単に紹介してみます。

青汁

知人からのススメで飲み始めました。スーパーなどで売っている箱入りのものでOK!とのことだったので、店頭に並んでいたものを2種類ほど試しました。

どちらも水か牛乳に粉末を溶かして飲むタイプで、朝晩と1日1~2包ずつのみ、それぞれ1箱飲み切るのに2~3週間かかるので飲んでいた期間は1か月と少しくらい。

両方とも違うメーカーさんの商品でしたが、どちらもこれといった効果はあらわれなかったため中止。

リンゴ

これも知人のススメ。1日1個を目安に、朝晩半分ずつ食べていました。上の青汁と同時進行で食べていましたが、青汁を飲まず、リンゴだけを食べた日には申し訳程度にトイレにいく頻度が 上がっていたように思うので、青汁よりは効果を感じました。

・・・が、果物って高い・・・。コストの問題で買い続けるのは断念しました。

 ヨーグルト

いわずと知れた便秘解消食品ですね。無糖、果糖、果物の果肉入りなどいろんな種類がありますが、特にこれ!と決めずに数か月食事に取り入れていました。

いまは飲むヨーグルトもあるので、それも並行して飲んでいました。

味のバリエーションがありますし、メーカーなどもたくさんあるため、いくつか試して味を気に入ったものを毎日飲むor食べていましたが、個人的には飲むヨーグルトのほうが手軽に摂りやすく、割合として高めだったと思います。

味が気に入っていたので一番続けやすかったですが、そのせいで、逆に摂取しすぎてお腹を壊すこともしばしば・・・。

乳酸菌のパワーは感じましたが、気に入っていた商品も頻繁に食べ過ぎて、そのうちに味にも飽きてしまったので、それ以降は見るのもいやになってしまい(自業自得)、買うのをやめてしまいました。。

プルーン

鉄分の補給などに効果があるとされ、ドリンクなどもみかけるプルーンですが、便秘解消が期待できる食品でもあります。そのことをネットの記事で知ってから、食後のデザートとして摂っていました。

価格もそこまで高くないため、コストの面でもそこまで気になりません。が、味がとにかく甘いため、ここは人によって好き嫌いが分かれるところでもあると思います。私としては、好きではないが、食べれないほど嫌いでもない・・・といった感じでした。

また、プルーンもヨーグルトと同様に、1日に多く摂取しすぎるとお腹を壊してしまうことがありました。本当に甘くて1度にたくさん食べるのは大変なので、少量である程度効果が出るのはありがたいことでしたが、1~2か月毎日食べていたところ、ある時ぱったりと効果がなくなり、また便秘気味になってしまったので買うのをやめてしまいました。体が慣れてしまったのか・・・いまだに謎です。

ルイボスティー

こちらも近年メディアで見かけることの多い飲み物です。麦茶などと同じように、スーパーに煮出したり水出しのできるパックで売られています。

ノンカフェインなので妊婦さんでも安心して飲めるお茶ですが、こちらも便秘に効果があると言われています。はじめ市販のものではなく、フリマアプリ(メル●リ)で出品されていた商品を飲んでいました。効果のほどはぼちぼち。

3か月程度飲み続け、その間お通じも若干よくなりました。最初に買った分を飲み切った後はスーパーで市販されているものを購入しましたが、このルイボスティー麦茶などに比べると若干割高です。(;´∀`)

店頭に並んでいたもののなかで一番安価なものを選びましたが、それを飲んでも効果のほどはイマイチ。味が気に入ったのでその後も飲み続けていますが、便秘解消の効果はほとんど(というか全く)感じていません。

ちなみに、最初にフリマアプリで購入した出品者さんは退会されていたので同じものを買うことはできませんでした( ;;)

ある程度お値段の高いものを選べば、あるいは効果が見込めるのかもしれませんが、長い目でみてコストがかかりすぎるものは買い続けられないと思いました。

有酸素運動をする

実際に試した便秘対策の中で、最も速攻性があり、ついでに劇的な効果を感じたのは運動でした。特に私が効果を実感したのは1時間程度のウォーキング

といっても、私の場合、仕事の都合で仕方なく歩くこととなってしまったので、自分の意志で歩いたわけではなかったのですが・・・。

初冬の寒い日でしたが、それでも汗だくになるほど歩いたその日。家に帰るなりトイレに駆け込み、久しぶりの爽快感でした。(笑)

しかし、毎日1時間もウォーキングをするのは時間的にも体力的にも難しく、継続することができず断念。

ちなみにダイエット目的で踏み台運動を1日20~30分程度行っていた時期もありましたが、そこまで明確な便秘解消の効果はなかったので、やはりある程度ハードな運動をこなす必要があるのかなと思いました。

その他

前述の便秘対策のほかにも、

  • 腹部をあたためる(冷やさない)
  • マッサージ(「の」の字、おへその下から左下腹部にかけて斜めに押す)
  • 寝起きにすぐ冷たい飲み物をコップ一杯飲み干す

などなど、色々な方法を試しましたが、どれも効果はイマイチでなかなか自分にあった対策が見つかりませんでした。



最初に選んだ、もち麦商品

もち麦は近所のスーパーに売っていたものを選びました。

やっぱり今話題の食品なだけあって、そこまで大きなスーパーではありませんが何種類も並んでいます。まず最初に試したのはもち麦が雑穀ご飯とミックスされているもの。

 

こちらは容量250gと少なめなのでお試しに良さそうだったため選びました。

純粋なもち麦ではなく、雑穀ごはんとミックスされているものを選んだのはより便秘に効果を発揮してくれそうだったからです。(欲張ってしまいました・・・笑)

味や触感など、食べてみた感想

パッケージの写真からもわかるように、お赤飯のような炊き上がり(色)でした。香りはあまり強くなく、触感は白米とは違ったプチプチ感がほんの少しあります。

また、クセのない味わいで、噛めば微かな甘みが感じられました。炊いてすぐ小分けにし、冷凍保存しても味の劣化などは見られませんでした。

悪い意味で目立つところはなかったので、一緒に食べるおかず類の味の邪魔にもならず、十分白米の代替品として食べ続けられました。

気になる効果は?

便秘解消対策・・・効果はかなりゆるやか

試すつもりで小容量のものを選んだので、2~3週間ほどであっという間に食べきってしまいました。なるべく3食食べるようにしていましたが、ちょこちょこ外食にも行っていました。

気になる効果のほどですが・・・ 無きにしもあらず。 といったところでしょうか。具体的に言うと、朝トイレに行く頻度がわずかに上がりました。

それまで起床⇒家を出るまで、朝の時間帯にトイレに行く習慣がほとんど(というかほぼまったく)なかった私ですが、もち麦を食べ始めて1週間ほどで朝起きたらすぐにトイレに直行ということが徐々に増え、それまで週0回だった朝のトイレタイムが週2~3回程度に増えました。

毎日快便!とまでは行きませんでしたが、特に運動もせず、もち麦を食べて過ごしただけにしては、ゆるやかではありますが効果があったと思います。

サプリメントやヨーグルトのときとは違い、激しい腹痛やお腹をくだすようなことはなく、自然な便通が増えたのはうれしかったです◎

ダイエット効果・・・体重の増減はゼロ

体重減少の意味ではほぼまったく変化はありませんでした。

が、もち麦を食べるまでは基本主食類を食べない生活を半年~1年ほどしていたので、それに比べれば確実に食べる量は増えていたのですが、体重計の数値はプラマイゼロ。

食べる量が増えたのに運動などはしていなかったのですが、体重が増加することはありませんでした。ちなみにきちんとおかずや汁物と一緒に食べていましたし、おかずとしてお肉や揚げ物も食べていました。

今後もち麦を食べつつさらに運動も並行して行えば、よりダイエットや便秘解消へ効果が見込めそうです。



まとめ

便秘解消、ダイエットともに僅かながら効果が見られました!

ダイエットのつらい食事制限や運動、便秘解消のためのサプリやお薬での激しい腹痛など苦しい思いをまったくせず変化が見られたので、もち麦の効果は確かにあったと思います。

もちろん個人差はあるでしょうが・・・激しい変化を体にもたらすことはなさそうなので、体にもやさしそう。現在はまた別のもち麦商品を試している真っ最中なので、また食べ切ったころに記事をあげようと思います♪