トーコの日常

新型コロナの影響でペットを迎える人が増加中?新しい家族を迎える前に忘れずにしてほしいこと

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

年明け以降、世間を騒がせている新型コロナウイルス。

世界的に見てもまだ収束の兆しは見えず、特に感染者数の多いアメリカ・ニューヨーク州では、外出時のルール(他人との距離を一定以上空けること等)に違反した場合の罰金を500ドルから1000ドル(約11万円)へ増額しており、日本以上に緊迫した状況であることが伺えます。

トーコ
トーコ
もちろん日本国内でも気は抜けないです💦

 

そんななか、海外ではペットの需要が増加しているそうです。感染の不安におびえる生活で、新たな家族を迎えることは気持ちを癒すだけでなく1つの希望、励みにもなるのだとか。

 

日本でも一斉休校の措置がとられた際、ペットのレンタルサービスが需要増になったニュースがありました。1、2週間の期限付きでレンタル(一緒に暮らし)、その後はお店に返すサービスですが、そのまま家族として迎えられる子もも居たようです。

 

ペットの存在により、明るい気持ちで日々を過ごすことができるのは素敵なことですよね。

トーコ
トーコ
それは間違いないんだけど…

 

新たな家族を迎えるのも、明るい気持ちで生活できるのも素晴らしいことですが、1つだけ私から伝えたいことがあります。

自粛生活のお供に、そして今まさにお迎えを考えている方がいたらぜひ読んでいただきたいと思います。

窮屈な自粛生活の疲れを癒す、ペットの存在

現在日本では、不要不急の外出を控える動きが広まっていて、私の職場でもテレワークの導入が始まりました。

それに伴い、基本的に週1の買い出し以外はなるべく外に出ない生活を送っています。

トーコ
トーコ
私自身はもともと超・インドア人間なのでそれほど苦ではありませんが…
ねこちゃん
ねこちゃん
普段アクティブな人はしんどいと思うにゃ

そんな生活の中、ペットの存在は大きな癒しになると思います。

新たな家族と出会うのもお迎えするのも本当に素敵なこと。

 

ただ、ペットを迎えるにあたり、思いつきのまま行動するのだけは絶対にやめてほしいと思うのです。

 

最低限の予備知識なしに生き物を迎えてはいけない

前置きが長くなりましたが、ようやく本題です。

私が言いたいのは1つだけ。

ペットとして迎える前にその生き物の最低限の予備知識を知っておいてほしいということ。

たとえば・・・

  • 飼育に必要なものは何か
  • 注意すべきことは何か
  • 寿命はどのくらいなのか
  • 飼育に必要なスペースは十分に確保できるか
  • 病気になったら頼れる病院は近くにあるのか …etc

挙げ始めるときりがありませんが、事前に把握しておく情報は多いに越したことはありません。

生体を迎えるなら予備知識の収集は必須です。

 

ごく当たり前のことだと思っていましたが、つい先日こんなことがありました。

飼い始めたばかりのペットが不調?話を聞くと…

見出しの通り、「つい最近飼い始めたペットの様子がおかしい」と先日相談されたことがありました。

偶然にも以前私が飼っていた動物だったので、今の様子などいくつか質問をしたところ、原因はすぐに判明しました。

その動物を飼育するにあたって、必要な環境が揃っていなかったのです。

 

何をどう改善すべきか伝え対処したところ、無事に持ち直したようですがあと数日放置していたら……、という状況でした。

飼い主自身は原因も対処法も知らなかったとのことで、余計なお世話ではありますが、少しモヤッとした気持ちになりました。

トーコ
トーコ
ペットの飼育にはコレが正解!というものがない事も多いです。しかし、知っておけば予防できるトラブルだって沢山あるのです。
  • ペットを迎えるための予備知識は多いに越したことはない
  • 最寄りの獣医さんを見つけておくことはもちろん、困った時にアドバイスを求められる先輩が身近に居ると安心

緊急性の高いケースはまず獣医さんに相談すべきですが、そうでなければその道の先輩に相談するのももちろんOKです。

今はSNSで簡単に同じペットを飼っている”仲間”を見つけられるので、ぜひ活用してみてください。

 

新しい家族を迎える前に【まとめ】

いかがでしたか?

この記事では新型コロナの外出自粛影響でペットを迎える人が増えていることについて触れました。特に海外でその傾向が顕著なようですが、日本も例外ではありません。

先日私が相談にのったケースはたまたま助けることが出来ましたが、あと数日遅ければ間に合わなかったかも。。

 

当たり前のことですが、一度飼うと決心したならその子の最期の瞬間までお世話する覚悟が必要です。

また、緊急事態宣言や休校・休業要請が解除され、以前の生活に戻った時も今と変わらず愛情を注いだりお世話をしてあげられるか…そのことも考えなければいけません。

ペットを迎えるなら思いつきでいきなり飼い始めるのではなく、事前に予備知識をつけたり情報を収集しておくことは必須なのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

トーコ
トーコ
トーコ(@lily_tohko)でした♪