レビュー

謎の”箱”に魅入られた少女が豹変!実話を元にした戦慄のホラー「ポゼッション」

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

今日紹介するのは、2012年公開のホラー映画「ポゼッション」

本作は実話に基づいた作品であり、作中登場する”箱”も実在の品だというから驚きです。

実際に起こった異変を繊細に、かつリアリティ溢れる演出を施したシーンは観るものを凍り付かせること間違いなし。

ホラーファン必見の作品です。

「ポゼッション」のあらすじ

妻と離婚したクライドは週末にだけ会える2人の娘と新しく購入した家の近所で催されていたガレージセールを訪れていた。

それぞれ品物を見ていた中、次女・エミリーの目に留まったのはとある木箱。アンティークのそれは頑丈そうな作りで華やかさはないものの、一目でエミリーを虜にした。

エミリーにねだられ木箱を購入したクライドだったが、この木箱にはどこにも継ぎ目がなく開け方がわからない。そうこうしているうちに仕事の電話が入り、結局木箱を開けられないままこの日は眠りについた。

 

はずだった。

 

深夜、何者かのささやく声で目が覚めたエミリーは声の聞こえた方を振り向くとそこにあったのは例の木箱。いくら調べても開け方が分からなかったはずの木箱の表面に、わずかに影が落ち継ぎ目が開いていた。

導かれるように箱をとり、中身を確かめるエミリーだったが…

 

この日を境に、無垢な少女は変わってしまう。

 

ポゼッションを無料で観る

31日間の無料トライアルあり!

2020年5月24日現在/最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

「ポゼッション」の見どころ

“箱”に魅入られた少女を演じるナターシャ・カリスの怪演

「ポゼッション」の見どころの1つとしてまず挙げたいのが、”箱”に魅入られた少女・エミリーを演じるナターシャ・カリスの怪演です。

ガレージセールで売りに出されていた”箱”に魅入られ、徐々に変わっていくエミリーは最初こそ無邪気な普通の女の子ですが、”箱”を開けた翌日から少しずつ様子がおかしくなっていきます。

”箱”に対する異常な執着心、まるで別人のような攻撃的な言動。

全ての元凶が例の”箱”にあると気づいた父・クライドはエミリーに内緒で箱を処分しようとしますが、そのことに気付いたエミリーはそれを阻止すべく、深夜裸足で家を飛び出してしまいます。

何者かに導かれるように再び”箱”を手にするエミリー。

この時彼女は既に、これまでのエミリーではありませんでした。

 

フルCGかと思いきや…本物の蛾を使用した戦慄のシーン

物語中盤、部屋いっぱいに蛾が飛び交う中、エミリーが微動だにせず座り込んでいるシーンがあります。

文字通りの画面いっぱいの蛾が印象的な場面なので、虫嫌いの人に限らず、つい「うっ!」と声が出てしまうのではと思います。

トーコ
トーコ
思わず画面から目をそらしたくなりました💦

 

驚きなのは、部屋中を飛び交う蛾がすべて本物であるという点です。

 

本作は実話を元に制作された作品で、作中に登場する”箱”も実在の品。

歴代所有者達の「虫が湧いてきた」という証言に注目したオーレ・ボールネダル監督によって蛾の専門家を起用し、撮影セットに本物の蛾の幼虫が実に2000匹も持ち込まれたそうです。

当該シーンの撮影時、ちょうど成虫になるようにタイミングを調整したとのことなので、かなりリアリティを追求していることが伺えます。

トラウマ必至?ノドの奥に蠢くモノ

箱を開けた日を境に徐々に何かが変わっていったエミリー。

ある晩、ノドに違和感を覚え洗面台の前に立ちます。

 

えづきそうになりながら口を開け、中をライトで照らしてみるが何も見えない…。もう1度口を開けライトで照らしながら見てみると、今度は自分の喉奥で青白い指が蠢いているのがはっきりを見えてしまいます。

 

ゾッと背筋が寒くなる&インパクトの大きいシーンなので、うっかり夜の歯磨き中に思い出そうもんなら…大変です。

トーコ
トーコ
怖すぎるし気持ち悪すぎる~!!!💦

 

謎の”箱”に魅入られた少女が豹変!「ポゼッション」【まとめ】

いかがでしたか?

この記事では、戦慄のホラー映画「ポゼッション」を紹介しました。

実話に基づいて制作されたこともあり、映画の随所にリアリティを追求した演出がなされている本作品。

”箱”に魅入られた少女役のナターシャ・カリスの怪演はもちろん、少女を取り巻く家庭環境とそれに伴う家族関係、さらにラストのオチにも注目です。

ポゼッションを無料で観る

31日間の無料トライアルあり!

2020年5月24日現在/最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

トーコ
トーコ
トーコ(@lily_tohko)でした♪