お肌と体

スキンケア商品の選び方 「ライン使い」と「バラバラ」どっちがいい?ポイントは何を重視したスキンケアをしたいか

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

スキンケア化粧品には、導入液、化粧水、乳液、美容液など、いくつか種類がありますが、それぞれ違うブランドの商品を使っていいのか、それとも同じブランド(ライン)で揃えるべきか迷ってしまうことがありますよね。

今日は「スキンケア化粧品ライン使いのメリットとデメリット」を紹介したいと思います。

ライン使いとは

ライン使いとはスキンケアで使う複数の商品を、同じメーカーの同じブランドで揃えて使うことをいいます。たとえば、

Aさん
Aさん
化粧水、乳液、美容液すべて■■社(メーカー)の●●(ブランド)を使っています。

↑これがライン使い。

 

Bさん
Bさん
すべて■■社(メーカー)の商品ですが、化粧水と乳液は●●、美容液は▼▼のブランドです。

↑このようにメーカーは同じでもブランドが違うケースは含まず、あくまで1つのメーカーが出している同一のブランドで揃えていることを指します。



ライン使いをするメリット

ライン使いによって得られるメリットは主に以下のようなものがあります。

  • 商品同士の相乗効果が期待できる
  • より肌にやさしいケアができる
  • 成分を見比べて選ぶ手間が省ける
  • 肌に合えば長く付き合える

商品同士の相乗効果が期待できる

どのブランドにもそれぞれ1つのコンセプトがあり、それをもとにした商品開発がされています。美白や乾燥予防などブランドによって、何を目的としているのかは様々ですよね。

多くのブランドで、ライン使いした際にちょうどよいバランスになるように商品が開発されているため、同一のブランドで揃えてつかったほうが商品同士の相乗効果が期待できます。お互いの効果を引き出し合うことで、その商品が持っている最大限のチカラを発揮できる可能性がグンとあがります。

より肌にやさしいケアができる

前述のようにお互いの効果を引き出し合うことも考えられていますから、商品ごとに配合されている成分がケンカすることもなく、より肌にやさしいケアにもつながります。

成分を見比べて選ぶ手間が省ける

はじめから成分のバランスが考えられているので、自分で成分を見比べ、足りないものを補ったり、多いものをカットする手間も省けます。多くのスキンケア商品の中でいちいち成分を見比べて取捨選択していくのは手間がかかりますし、この必要がなくなるのは魅力的ですよね。

肌に合えば長く付き合える

また、自分の肌に合ったブランドが1つ見つけられれば同じブランドと長く付き合っていくこともできます。

複数のメーカーの色々な商品を使っていた場合、どの商品がよかったのか特定することが難しくなりますし、どれか1つでも改良などで成分が変わってしまえば、それまで肌に合っていたケアでも途端に異常が出てしまうことも考えられます。

その点、ライン使いをしていれば万が一肌に合わなくなっても、ブランドを見直すキッカケになりますし、どれがダメだったのか悩む可能性も低く済みます。



ライン使いのデメリット

次にライン使いのデメリットを紹介します。主に以下のようなものがあります。

  • ブランドが肌に合わない可能性もある
  • 季節によって合う・合わないが分かれることもある
  • コストがかかる

ブランドが肌に合わない可能性もある

ブランドによってコンセプトが違うわけですから、配合されている成分にその特徴が出てきます。美白が目的になっていればそのための成分が他より多く入っているでしょうし、ニキビやシワ、シミなどそれぞれ目的は違えど、その内容に合わせて成分に特徴があります。

しかし、そのどれもがすべての人の肌に合うワケではありません。成分内容や組み合わせによっては、どうしても合う・合わないが出てきてしまいます。

ライン使いで商品を揃えた場合、そのブランド商品すべてが肌に合うとは限らないため、場合によっては「合う商品」と「合わない商品」に分かれてしまうことも考えられます。

季節によって合う・合わないが分かれることもある

その時々の季節もスキンケアには重要な項目ですが、ブランドによっては季節ごとに合う・合わないが分かれることもあります。

たとえば、乾燥肌さん用の油分や潤い成分が多めに配合されているブランドをライン使いしている場合、秋冬の乾燥しやすい季節には良いでしょうが、暖かくなり紫外線や気温の影響で汗をかきやすくなる春夏にはあまり適しているとは言えません。過剰な油分によってメイクが崩れやすくなってしまったり、毛穴の汚れや結果ニキビの原因にもなりかねません。

季節によって肌の状態にムラがある場合、普段スキンケアに使っているブランドの特徴や成分を見直してみることをオススメします。

コストがかかる

前述で触れたように季節ごとにスキンケア用品が肌に合わなくなること考慮し、使用商品を変えようとすると、ライン使いの場合多めにコストがかかることも考えられます。

1つ1つ自分に必要なものを選び少ない品数で使う場合に比べると、揃える商品が多くなりがちなライン使いではコストの負担も避けられません。

ライン使いのデメリットを解消するには?

はじめてのブランドに挑戦する場合、いきなりすべてのラインを揃えるのではなく1~2つずつ取り入れてみましょう。可能であればテスターなどをもらい1つずつ試してみて、肌に異常が出ないか確かめてみると確実です。

また、コストカットと肌質に合うかどうかのチェックのためにも、キャンペーンで価格が安くなっているものや、返金保証のあるブランドで試してみるのも良いと思います。






まとめ

スキンケアのライン使いで生じるメリットは

  • 商品同士の相乗効果が期待できる
  • より肌にやさしいケアができる
  • 成分を見比べて選ぶ手間が省ける
  • 肌に合えば長く付き合える の4点。

一方、ライン使いのデメリットは

  • ブランドが肌に合わない可能性もある
  • 季節によって合う・合わないが分かれることもある
  • コストがかかる の3点。

このようにライン使いにも良い点と悪い点があるため、一概に「ライン使いすべき!」とは言い切れないことが分かります。ここまでのポイントをまとめると、

  • ブランドの持てる最大限のチカラを発揮しつつ、楽に長く付き合えるラインを見つけたいひと→ライン使い
  • スキンケアにかかるコストを可能な限り抑えたいひと→ライン使い以外

自分にあったスキンケア選びができるよう、参考にしてみてくださいね♪