レビュー

【合宿免許】教習中の人間関係はどんな感じ?異性との出会いがあるって本当?体験談をお話します。

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

合宿免許への参加中、どうしても気になるのが他の教習生の存在。年下も居れば、年上も居ますし、異性も同性も居ます。友達同士一緒に参加していれば不安はあまりないかもしれませんが、1人での参加となると話は別。

「1人だと浮いてしまうのでは?」
「自分だけ仲間外れにされたらどうしよう。」
「知らないひと同士だし、ギスギスしてたらやだな。」
「普段から単独行動はあんまり得意じゃないんだけど・・・。」

などなど、心配が尽きませんよね。

そこで今日は、合宿免許参加中の人間関係について私の体験を元に紹介したいと思います!

  • 合宿免許への参加を検討している
  • 単純に興味がある

という方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

実際のところ、1人での参加はどんな感じ?

閑散期なら”1人で参加=浮く”ということはまずない

こちらの記事でも紹介したように、少なくとも閑散期に参加するのであれば「1人だから浮く」ということはまずありません。なぜなら、同じように1人で参加している人が比較的多いから。

繁忙期(春先や長期休暇の季節)は学生さんや新社会人の教習生が多く、仲のいいグループで参加している場合が多いので気を遣うシーンはもう少し増えてくると思います。

お互い1人同士のほうが友達も作りやすい

見ず知らずの人と同じ寮で寝泊まりしたり講習を受けることになりますが、そういう時、お互い1人同士のほうが声をかけやすいのも事実です。「教習」という共通の話題もありますし、同じ寮や講習であればさらに話題が増えますよね。

私自身、自他ともに認める人見知りですが、最終的には自分と二回りも年上の方と世間話をするようになっていました。笑

他にも数人の方とよく話すようになり、教習のコツを教えあったり教官の話をしたりと楽しかった記憶が強く残っています。ギスギスした雰囲気であったり、仲間外れにされたり…そんな風に嫌な思いをすることは全くありませんでした。

合宿中にできた友人とはその後どうなる?

普段住んでいる地域が近ければ、合宿が終わったあとも継続して友達付き合いをすることは可能だと思います。が、やはりお互いの生活がありますから、そこはケースバイケース。

期間限定の友人になる人が多いのも事実ですが、それはそれで良い思い出になりますよ。



異性との出会いは期待できる?

合宿免許というと、異性との出会いを期待する方も多くいると思います。

結論から言って・・・

 

出会い、めっちゃあります。爆

 

特に女性1人で参加の場合は話しかけやすいからか、声をかけられる率がぐーんと上昇します。1人でなくとも、2~3人程度のグループであれば声をかけられることはあると思います。女性3:男性1の構図は考えにくいので、男性も複数人の場合ですね。

出会い目的でわざわざ合宿に来る方はあまりいないと思うので、適当に相手をするもよし、軽くあしらってもよし。応じるかどうかは本人次第です。

ただ、合宿きっかけで交際に発展・・・ということはあまり期待しないほうがベターです。たまたま教習所が同じだっただけで、普段生活する地域が違えば必然的に遠距離恋愛になってしまうからです。

教習生だけじゃない?教官と親しくなることも

声をかけてくるのは教習生だけとは限りません。実は教官の中にも、教習生に声をかけてくる人がいるんです。笑

トーコ
トーコ
教習生ならまだしも、教官は断りにくい・・・

どの講習でどの教官に当たるか分からない場合、冷たくあしらうのは気がひけますよね。とはいえ、相手が教官だからといって必ずしも連絡先交換などに応じる必要はありません。断ってもしつこく言ってくる場合は即教習所へ相談してみてくださいね。

ちなみに

余談ですが、私の場合は連絡先交換に応じました。笑

1日のスケジュールを終え、寮に戻ったあとに実技の不安な点やコツを質問できたのでその意味ではとても助かりました。

下心の有無関係なしに質問があれば連絡先交換するのも手かもしれませんが、やはりまわりの人から見ると「ん?」と思われることは間違いないのと、教官の方も勤務時間外にバンバン質問されると大変だと思うので、不明点があれば教習中に聞くのがベストだと思います。



まとめ

いかがでしたか?

今日は合宿免許での人間関係や異性とので出会いについて紹介しました。まとめると

  • ギスギスしていたり嫌な思いをすることはなかった
  • 異性との出会いはありまくり(特に女性1人だと声をかけられやすい)
  • 教官にも連絡先を聞いてくるひとがいる

となります。

期間限定の友人になることも多いですが、それはそれでいい思い出になるのであとは自分の気持ちと良識の範囲内で行動すればOK。

最後まで読んでいただきありがとうございました!