お肌と体

【体験談】親知らずの抜歯後に気をつけておきたい、ポイント2つ!

こんにちは、トーコ(@lily_tohko)です。

皆さんは親知らず、生えてますか?

親知らずが生えている中で、特に女性の方。抜く予定はありますか?

意外とほったらかしにしてる人が多い親知らずですが、実は放置しておくと、

  • 虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 歯磨きがキチンとできない
  • 歯並びに影響を及ぼす

などなど、知らないうちに悪影響が出ていることが多く、術後の回復力なども考慮して、なるべく早め(可能であれば20代前半まで)に治療を済ませた方がいいとも言われています。

私自身、数年前に2本の親知らずを抜歯したことがあるのですが、今日はその時の体験を元に親知らずの抜歯について書いてみたいと思います。

ちなみに、冒頭で「特に女性の方」と書いたのはちゃんと理由があります。

その点も触れたいと思うので、

  • 女性で親知らずを抜くか迷っているひと(もちろん男性でも)
  • 親知らず抜歯の大まかな流れを知りたいひと
  • 抜歯にあたって気をつけておくべき点を知りたいひと

こんなひとは是非チェックしてみてください!(*・ω-)ノ+。

親知らずを早めに抜いた方がいい理由

 

冒頭でも紹介したように、親知らずがあることで虫歯や歯並びなど様々なデメリットに繋がるほか、抜歯後の骨や歯茎の回復力なども考慮し、比較的若いうちに抜歯しておくのが良いと言われています。

(もちろん、それ以降の年齢でも抜歯はできますが、年齢が上がるほどに回復に時間が掛かるようになります。)

妊娠・出産時は治療が難しいため、女性は早めに抜歯しておくと安心

また、「特に女性」と冒頭で書いたのは、妊娠・出産時にはレントゲンや麻酔、鎮痛剤を用いる大掛かりな治療ができないケースがあるというのが主な理由です。

妊娠初期はまだツワリなどで体調が安定しないことも多いため、なるべく治療を控えるのが無難です。

後期になればお腹が大きくなっているので、治療のため仰向けになると息苦しくなってしまい、治療を受けること自体が大変になってしまいます。

妊娠中の親知らず抜歯については、中期の比較的体調が安定してくる時期に済ませると良いと言われていますが、人によっては抜歯後の痛みが引くまでに時間がかかる場合があり、鎮痛剤を長く飲むことになると、やはり胎児への影響が気になると思うので抜歯自体を避ける方がいいかもしれません。



親知らず抜歯までの流れ

ここからは私の体験をもとに、どのような流れで診察~抜歯まで向かうのか、当時のことを書いていきたいと思います。

診察初日

まずはレントゲン撮影と診察でどんな風に親知らずが生えているのか、虫歯や歯周病になっていないか、などを確認してもらいました。

私の場合、歯の痛みを覚え数日我慢するも、とうとう耐え切れなくなって歯医者に駆け込んだ・・・という経緯で診察を受けていること、親知らずの生え方からもすぐに抜歯の方向で話がすすみました。

そして、先生がひとこと。

「今、チャチャッとやっちゃう?」

これが人生初の「抜歯」だった私は、日付をあらかじめ決めてから、入念な準備をしつつ抜歯の日を迎える・・・みたいな日程を想像していたので、そのひとことを聞いて一瞬フリーズしてしまったのを覚えています。笑

わたし「・・・いや・・・でも、時間かかりますよね・・・?」

ううん。20分あれば終わると思うよ。

わたし「(みじかっ!)・・・うーん、でも、痛いですよね。心の準備が・・・」

麻酔しちゃうから。それに先生、上手いからね!(笑)

わたし「(え~・・・)・・・でも、やっぱり今日っていうのはちょっと・・・」

女のひとは早めにしておいた方がいいよ(上記の理由で)。それに、鎮痛剤を飲み続けるだけじゃ根本的な痛みの解決にならないよ?

わたし「(・・・確かに、この痛みとは早くオサラバしたい・・・)」

他の患者さんも、結構サクッとやっちゃう人多いよ。どうしてもイヤであば、また日を改めてもいいけど・・・どうする?

 

「すぐに終わる」「痛くない」「皆やってる」というフレーズと、我慢できない痛みとの決別が決め手になり、結局私は診察に行ったその日に抜歯を行うことになりました。我ながら単純・・・(笑)

 

少し話がそれましたが、その日抜歯をすることが決まってからは、

診察後すぐに

  1. レントゲン撮影で親知らずの向きや生え方、深さなどを確認
  2. 口の中を清潔な状態にクリーニング(歯石や歯垢(プラーク)を除去)
  3. いざ抜歯!

という流れでした。

もちろんその日にできるかどうかは歯医者さんの都合によると思うので(この流れはレアケースかも)、要相談となります。



親知らず抜歯中

痛みはほとんどない

ドキドキの抜歯中。最初に歯茎にプスッとさした麻酔が効いており、事前に聞いていた通り、痛みはまったくと言っていいほどありません。

怖がらせないように気をつかっての言葉だと思っていたのですが、別の考え事ができるくらいには余裕がありました。

音と衝撃はすごい

痛みはないものの、口の中で突貫工事でもしてるんじゃないかと思うくらいの音はしました。

ギュギュギュイーン♪とすごい聞こえていました。

私の場合、歯のまわりの骨を削る工程があったため、衝撃も割と強めでした(案外突貫工事という表現は正しいかも)。

ものの20分程度で終了

所要時間も事前に聞いていたとおり、20分程度で終了。

麻酔のおかげで抜かれたことにも気づかず、「ハイ抜けたよ~」と言われて「いつの間に!?」と思ったほど。

ちなみに、抜きたてほやほやの親知らずは持って帰るか聞かれましたが丁重にお断りして処分してもらいました。

抜歯直後は、まだ痛みはほとんどない

術中はもちろん、抜いてしばらくの間は麻酔の効果が続くので痛みはほとんど感じませんでした。痛み止めは出してもらいましたが、「これ、本当に必要になるのかな?」と思うほど。

しかし。

余裕な気持ちでいられるのも、麻酔の効果が続く間だけでした。。。

麻酔の効果が切れると泣けるほど痛い

抜歯から1~2時間後には麻酔の効果が切れ、痛みを感じるようになりました。

これがまた死ぬほど痛い。

最初はジワジワと「あれ?ちょっとジンジンするかも?」くらいから始まり、徐々に「あっ痛い。麻酔切れたのかな」と冷静に考える時間を経て、「いったあああああなんじゃこりゃー!!!!」と本気で泣きが入るほどの痛みに襲われました。

もちろん多少の個人差はあるでしょうが、やはり抜歯直後よりもしばらく時間が経ってから、あるいは翌日以降に痛みを覚えるひとが多いようです。



抜歯後(できれば抜歯前)に気をつけておきたいこと

痛み止めは多めにもらっておく

抜歯後、歯医者さんで痛み止めを処方されると思いますが、可能であれば多めにもらっておくと◎

完全に痛みがひくまでには数日かかるので、処方された量はあっという間になくなります。事前に多く出してもらえるか先生に確認しておくといいと思います。

市販の鎮痛剤でもいいですが、基本的に医療用の鎮痛剤よりも効果が弱いため、飲んでもあまり効かないケースがあります(私がまさにそうでした)。

仕事や学校などでなかなか歯医者にいけない、または、かかりつけの歯科の予約がなかなか取れない・・・そのような場合には、尚更多めにもらっておくことをオススメします。

(可能であれば)ガーゼももらっておく

また、抜歯直後の出血も止まるまでに時間がかかります。

そのままにしておいてもいいですが、口の中に血が溜まってしまうので気分が悪くなったり、どうしても気になってしまうと思います。

止血のためにガーゼなどを噛み締めておくと対策になるのでこちらももらっておくのがオススメ。ギュッとチカラを入れず、軽く噛んでいるだけで大丈夫です。

ガーゼに関しては市販されているものでも問題ないので、自分で購入しておいてもOKです。



まとめ

  • 痛み止めを多めにもらう
  • 止血用にガーゼを用意する

忙しくて歯医者になかなかいけないひとや、かかりつけの歯医者の予約がなかなか取れない場合には、特にこの2点は忘れずチェックしておきましょう。

今後、親知らずの抜歯を検討している方これから抜歯予定の方はぜひ気をつけてみてくださいね!